交通事故でのむち打ちやケガでこんなお悩みごとを抱えていませんか?

  • 痛くなかったから医療機関を受診しなかったけど、数日後に痛みが出てきた
  • レントゲンで異常がないと言われたけど、首や腰が痛い
  • 痛み止めやシップだけで我慢している
  • まだ痛みが残っているのに治療を打ち切られそう
  • しっかりとした損害賠償がなされるか心配
  • 仕事帰りは医療機関が閉まっているため、痛いのに通院ができない

このようなお悩みは交通事故でけがをされた方のほとんどの方が抱えている代表的なお悩みです。

そしてよくある問題として

「思うような通院や治療ができずに、痛みが取れきれないまま示談」してしまうなんていうことも良くある話なんです。

しかし、これらの問題はある一つの事実を知るだけでほとんど解決することができるのをご存じでしょうか?

その事実とは...

【交通事故のむち打ちやケガは接骨院・整骨院でも治療することができる】

ということです。

接骨院・整骨院は筋肉や関節といった運動器のけがの専門家で、病院以外で自賠責保険を使って治療をすることが国によって認められている唯一の医療機関です。専門家の施術を受けることでよりあなたのお悩みを改善しやすくなります。

どこで施術を受ければよいの?

接骨院でも施術が受けられて、整形外科でも治療できるとなると「どっちに行った方がいいの?」と疑問が生まれる思います。

ですので、まずはそれぞれのメリットを見ていきましょう!

接骨院で施術を受けるメリット

  • 多くの接骨院は整形外科と連携しているので身体できる整形外科を紹介することが可能。
  • 自賠責保険が使用できるため痛みをとるための特殊な電気治療やトムソンベッドを使用した治療などの効果の高い施術が事故負担なしで受けることができる。
  • 通院することで病院と同じ損害賠償が受けられる。
  • 夜遅くまでやっているので、平日の仕事帰りも通院することが可能なので早期復帰が期待できる。

整形外科で治療を受けるメリット

  • レントゲンやMRIといった画像診断ができる
  • 痛み止めなどの投薬治療ができる
  • 万が一後遺症が残った場合、後遺症障害認定書を書いてもらえる
  • 診断書を書いてももらえる

 

このように接骨院と整形外科ではどちらにもこのようなメリットがあります。

結局どちらに行けばよいの?

答えは簡単です!

「どちらにも行く」

ということです!

通院の仕方としては、平日の治療は接骨院、週末は連携している整形外科で経過をみてもらうといったようにうまく使い分けて受診することが1番理想的だと言えます。

よくある質問

交通事故のむち打ちやケガの治療で接骨院・整骨院にかかるためにはどうすればよいの?
保険会社の担当者へうちだ接骨院へ通う旨を伝えるだけで大丈夫です。
病院を変えたいけど途中でも変えられますか?
もし現在、他の医療機関を受診中で転院をしたい場合も同じように保険会社へ転院したい旨を伝えるだけで大丈夫です。

 

なぜ?事故後の治療が大事なの?

 

交通事故のむち打ちやケガは初期治療で適切な対応が出来るかが最重要です。

たとえどんなに軽微なけがであっても必ず医療機関を受診してください。

初期治療を怠ると、後々の治療期間に影響が及んだり、後遺症に悩まされることにもなりかねません。

交通事故でのむち打ちやケガでお悩みの方は是非一度ご相談ください!